「反動」のサインから読み取れること

 

ダイエットをして、リバウンドした経験はありませんか?

無理をすると、必ずリバウンド「反動」が起こります。

 

 

「反動」というサインから読み取れることは、

「そっちじゃないよ」という「軌道修正」をする時のサインです。

 

●やり方(方法)が間違っている

●進む方向が間違っている

●今の考え方(価値観)が間違っている

 

この3点を、今一度、見直してみて下さい。

 

 

ダイエットに限らず、
人間関係で無理をした時、
仕事で無理をした時、
本当はやりたいけれどずっと我慢していた時、

押さえつけていた、自分の本心が、
「反動」という形で、身体の不調や、どうしても止められない動作などとして現れてきます。

 

人間は、自分の「本意」「スピリット」を無視できないように創られているのです。

 

 

過食をしてしまい、体重が増えては自己嫌悪
反対に全く何も喉を通らない、食べているつもりでも体重が減っていく焦り

または無意味にタバコを吸うのが習慣化して、
吸う前は「吸いたい」という一心に囚われるけれども、
吸った後は「脱力感」や「気怠さ」だけが残る…この負の循環。
タバコを買うお金と、タバコを吸っている時間だけが費やされていく、
吸っておきながら。正直健康も気になる..
「何やってるんだ、自分…という、罪悪感にも似た感覚」

現実を受け止めたくないが故に、お酒を飲んで忘れようとする
周りの人に迷惑をかける程の過度なアルコール摂取

どれも、一時的な現実逃避に過ぎません。

 

人それぞれ、「反動」の出かたは違います。

 

過食・拒食を止めたい
タバコを止めたい
過度なお酒を止めたい

そう、本心で願うのであれば、
その「反動」が生まれた、「核となる原因」を知る事から始めて下さい。
自分の気持ちに、耳を澄ませて、聴いてあげて下さい。

 

本当は、何がイヤだったのか?
本当は、どうしたかったのか?

 

そして、「核となる原因」に気づいたら
「本当は、どうしたかったのか」をベースにして、「軌道修正」をして下さい。

 

 

自分ができる事から、始める。

 

もしくは、自分がやりたい!と直感が働いたならば、
思い切った行動も、また一つです。

 

「そんな事、無理だよ。」
そう、決めつける前に、

その枠を勝手に作っているのは、あなた自身
誰も、何も、初めからそんな虚像、作っていません。

 

1ミリずつでも、変えていける
それが出来るのは、自分だけです。

 

人の心は満たされていると、
何かに依存する事はなくなります。

そもそも、本来、依存する必要はないのです。

 

他の誰でもない、「自分」といつも一緒にいるのは、
「あなた」自身です。

 

もっと、「自分」を大事に扱って下さい。
もっと、「自分」に頼って下さい。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

☝クリックして頂けると、一人でも多くの方に見てもらう機会が増えるので嬉しいです。この情報が、必要としてる方に届きますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です