ストレスのメカニズムと解消法

 

前回のブログでは、辛い時の要因としてストレスを挙げ、ストレスを発生させる原因にストレッサーがあることをお話しました。

本来人間にはストレッサーに対応できるエネルギーが備わっていますが、エネルギーが十分でないとストレッサーに対応しきれず外圧として捉えます。そして、その外圧をストレスとして発生させるのです。

 

今日は、本来備わっているはずの対応できるエネルギーが何故十分に働かなくなってしまったのか、その原因と解消法についてお話します。

 

前回のブログ「辛い時に逃げるのは、有りか無しか?」をまだ読んでいない方は、今回解説していく内容がより分かりやすくなるので 辛い時に逃げるのは、有りか無しか? を先にご覧頂くことをオススメします。

 

 

ストレスはどうして起こるの?

ストレスの発生は前回のブログでもお話したように、ストレッサー(ストレスの原因になる出来事(外圧))がもとで引き起こされます。そして対応できるエネルギーが不足しているためにストレスが発生するとお話しました。では一体なぜ、備わっているはずのエネルギーがないのでしょうか。

 

それは、

心が疲れている=「脳幹」が疲れている

からです。

 

脳幹…?(?_?) ハテ…

どこそれ?

そう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

脳幹とは…

中脳・橋・(間脳)・延髄の部分です。

脳幹は、「身体・行動の座」と言われており、直感やひらめき、筋肉を司る神経、表情や呼吸の中枢として成り立っています。

 

この脳幹がくたくたに疲労していると、ストレッサーに対応できなくなり、ストレスが発生します。

 

 

ストレスがもたらす影響は何か

脳の疲労は健康を害するだけではなく、「こだわり」や「執着」の心となり感情にも変化をもたらします。そのため、怒りや悲しみが不必要に持続されるようになります。身体的な働きが正常に動かなくなるだけではなく、心や感情にも「偏り」が生じて、本来の状態に戻れないでいるのです。

 

人間の本能的な選択肢である、「逃げる」か「闘う」かのエネルギーが使われることなく閉じ込められてしまうと「緊張」となって身体に(主に筋肉)に蓄積されてしまいます。身体に閉じ込められている感情を身体的対象反動と言います。

 

イヤな上司に会うと顔や身体がこわばったりする、会社に近づくと胃が痛くなってくる、それは緊張と感情が身体に閉じ込められてしまった結果、症状として現れてくるストレス反応なのです。筋肉には過去の出来事(緊張)が記憶される性質を持っています。

 

例えば幼い頃、親に愛されずに育った人が、大人になってから不足していたものを取り戻すかのように誰からも好かれる人になりました。けれども、その人の身体の中には愛されなかった「緊張」「こわばり」ブロックとして固く大きな扉となっており、どうしても深く踏み込んだ人間関係の付き合いができないのです。本当は心の底で愛されたいと望んでいるのに、深く傷ついた過去の「緊張」を未だ心に持ち続けているのです。

愛されたいのに、愛される状況を自分から避けてしまう、このようにストレスは自分の心と正反対の働きをします。

 

 

緊張を開放するには

脳幹を、

「リラクセーション」

「リラックス状態」

に持っていくことです。

 

前述したように、緊張は筋肉に閉じ込められる性質があるので、

最も最短にリラクセーション状態へ持っていくには、

「ストレッチ」が効果的です。

 

ストレッチをすることにより、

「筋肉」→「神経」→「脳幹」へ効率よく働きかけることができます。

そうです、脳と筋肉は神経でつながっているからです。私たちは普段、手を動かす時も足を動かす時も、脳から「動かす」と指令を出して、神経を介して筋肉を動かしています。その反対の作用を上手く活用するのです。

ストレッチは、「物足りないくらいの優しい程度」で行うのがポイントです。

継続することで脳幹が安らぎ、身体の余分な緊張が解きほぐされて行きます。脳が再活性することにより、ストレッサーに対応できるエネルギーが備わって行くのです。ヨガやピラティスが爆発的な人気を得たのも頷けますよね。

 

脳は良いこと、悪いこと、「自分が予測したことは正しい」と実現しようとする無意識の働きがあります。心配や不安を抱えすぎて、そのことが本当に起こってしまった経験はありませんか?

脳は現実のものと、イメージされたもの区別しない」特性を持っているためです。これを予測の自己成就と言います。

 

 

加えてもう一つは、

「自分の好きなことをする」

ことです。

 

好きなことに夢中になっている時は疲れを知らないことがありますが、これはリラックスがもたらす意識状態です。夢中になれば雑音が消え、自分が向かっているもの以外は一切気にならなくなります。この状態は呼吸も落ち着き、精神的にもゆったりしているのです。

 

ストレスの解消法は人それぞれ異なりますが、ストレッチは誰でも、いつでも実践できるものなので是非継続して行うことをオススメします。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

☝ぽちっとして頂けると、一人でも多くの方に見てもらえるので是非お願いします。この情報が、必要としてる方に届きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です