教えて!虫歯にならない子供の歯磨き粉

 

虫歯にならないとっておきの秘策

ずばり、市販のグッズを上手に活用しましょう。

 

ドラッグストアやスーパーにいくと色んな種類の子供用歯磨きグッズが置いてあります。年齢や用途に応じて適しているものを選んで活用しましょう。

今回は実際に我が家で毎日愛用しているものを紹介します。

 

忙しい毎日におすすめの子供用歯磨きグッズ

 

一つめは歯ブラシです。

ライオン こどもハブラシ

それいけ!アンパンマン

 

 

5歳の長男には、1歳半~5歳用

2歳の次男には、0歳~3歳用

を使っています。

歯ブラシは、ポケモンや妖怪ウォッチ、仮面ライダー系など他にも色々試しましたが、アンパンマンが一番使いやすい!

 

<ヘッド部分がコンパクト>

子供の口は大人が思っているよりも小さいです。

アンパンマンの歯ブラシは、子供の口の中に入るヘッド部分がコンパクトで入りやすいので、子供の小さな歯も磨きやすいですし、何より痛がらない。子供は一度「痛い!」と分かると、なかなか口を開けてくれなくなります。

 

<持ち手がつかみやすい>

歯ブラシの持ち手の部分も、子供の小さな手でもつかみやすデザインになっています。ほどよい丸みがさらに持ちやすくしてくれています。

アンパンマンやメロンパンナちゃんの絵が書いてあるので、「ほ~ら、アンパンマンと歯ブラシでっきるっかな~♪」なんて声をかけながら子供の興味を引くのにも、一役買ってくれています(^^;)

 

<家計に安心な価格>

さらにこちらは、店頭でよく特価商品になっていることが多く1本80~90円前後で購入できるます。お財布に優しいのがさらに嬉しいポイント。子供はまだ上手に歯磨きができないので、歯ブラシを噛んだり、ふざけて口の中で遊んだりします。そうすると、歯ブラシもすぐに傷んで、毛先がデッキブラシのようにボサボサに(+o+) 買い替えも結構、頻繁になります。なので我が家ではよく4~5本まとめ買いしています。1本80~90円前後で買えれば家計に負担がかからないで済むので安心して毎日使いができます。

 

 

2つめはフロスです。

西松屋 親子でトレーニング 

フロススティック 0.5歳~使えます

 

 

こちらは西松屋で手に入ります。

ドラックストアでも違うメーカーのものが販売されているので、簡単に購入できますよ。

 

虫歯は、歯と歯の間にできるのがほとんどの原因。歯ブラシでは落とし切れない汚れが溜まって虫歯を引き起こしてしまうのです。

 

どうせ大人の歯に生え変わるから大丈夫。乳歯だからいい。そういう問題ではありません。乳歯が虫歯になってしまうと、その後に生えてくる永久歯にも影響が出てきます。歯茎の中で準備している永久歯の上に虫歯の乳歯があると、うまく生えてこなかったり歯並びが悪くなるといった影響が出てきます。

 

フロスで歯と歯の間に挟まった汚れも、取ってあげるのをおすすめします。毎日は大変という人は2日に1回でもいいでしょう。やらないよりは、断然効果はあるので試してみて下さい。

 

 

3つめは歯磨き粉です。

ペーストタイプパウダータイプを紹介します。

 

まずペーストタイプはこちら

①ピジョン 親子で乳歯ケア

ジェル状歯みがき ぷちキッズ

いちご味 50g 乳児~使えます

 

②ライオン こどもハミガキ 

それいけ!アンパンマン メロン味 40g

幼児~使えます

 

 

①ピジョンの歯磨き粉は、まだうがいができないお子さんでも使えます初めて歯磨き粉を使うお子さんや、歯磨きには慣れてきたけどうがいが上手にできないお子さんにおすすめです。

離乳食を卒業した頃の子供の乳歯の性質を考えてつくられた歯磨き粉。虫歯の発生と進行を予防する薬用タイプです。味も優しめです。価格帯は、300~400円くらい。

 

②ライオン アンパンマンの歯磨き粉は、うがいが必要なタイプです。4~5歳になるとうがいも上手にできるようになるので幼児向けに使いやすいです。

フッ素配合で、酸に負けない「強い歯質」をつくり虫歯を予防してくれます。ただし、お子さんによっては、歯磨き粉ならではの清涼感で「スースーする」「からい」などと感じる場合もあるかもしれません。その時は量を少なくするなどして使うといいかと思います。子供の舌は、大人よりも敏感ですので、お子さんの状況に合わせて使うのが一番です。価格帯は、130~150円くらい。

 

そして次に、パウダータイプ

ウィステリア製薬 ブリアン 

0歳の赤ちゃんから使えます

 

 

こちらは、甘いもの好きな長男の歯が虫歯にならないか心配になり( ;∀;) インターネットで検索しまくる母。そんな時に知って使いはじめました。

 

「3度の飯より、お菓子」派の長男は、偏食が多くご飯をなかなか食べてくれないのが、母の悩みでした。忙しい朝は一口でも食べてほしいと、甘めのパンやシリアルを準備することもあります。あまりよくないんだろうぁ~(´ー`;)と思いつつ、毎日の生活に追われるとキレイごとだけでは済まないのが育児。ならば、少しでも虫歯を予防できる歯磨き粉を!と思い、ブリアンに行き着きました。

 

この歯磨き粉の最大の特徴は、「ブリス菌」が配合されていること。

ブリス菌とは、ニュージーランドのオタ大学、ジョン・タグ教授によって虫歯になりづらい人の口の中で発見された史上初の口の善玉菌です。1.8%の子供しか持っていない貴重な菌だそうで、世界で初めてウィステリア製薬が歯磨き粉として採用したそうです。

ほとんどの細菌は口の中に長く留まることができずに胃に落ちてしまうそうですが、ブリス菌は長くとどまることができ、それが虫歯からまもってくれるようです。

 

こちらはパウダータイプ(いちご味)で、いつも使っている歯ブラシを水で濡らして、お皿にのせたパウダーをちょんちょんと付けて磨くだけ。至って簡単です。忙しい朝や、寝る前の夜でも手間なく使えるので、毎日使いにはもってこいです。赤ちゃんの0歳から使えるのも嬉しいポイント。歯が生えはじめたらすぐに使える歯磨き粉は少ないので貴重ですね。

 

しかも、1つずつ個包装になっているので、出し過ぎた!( ゚Д゚)と無駄遣いすることもなく、出かける時や、ちょっとしたお泊りにいく時も使う日数ぶんだけも持ちって行けて楽チンでした。

 

1袋60包入っていて、1日2包が使用の目安。1か月分使えます。価格帯は、5,000~6,000円なので正直ちょっと出費にはなりますが、効果的に虫歯の予防をしたい人には打ってつけです。

 

子供も嫌がることなく使ってくれるので、それが何よりですぅ(ToT)/~~~

 

ブリアンだけだと費用が心配という人は、市販のものだけ、または市販のものとブリアンを組み合わせて使ってもいいと思います。私は実際にそうしています(^^;)

全然やらないよりは、効果がありますからね(`・ω・´)p

 

 

歯磨きを嫌がらない方法は?

と言うか…、その前の段階で、歯磨きをどうしても嫌がってしまう。

暴れて歯磨きどころではない…と言う人もいらっしゃるかと思います。

 

そんな場合、歯磨きを嫌がらない方法は、

・食後や適宜、水かお茶を飲ませる

口の中が乾燥することによって菌が繁殖しやすくなり、虫歯のリスクが高まります。

歯磨きができない時は、最低でも食後に水かお茶を飲ませる。(食べ物の汚れを落とす、すすぎの効果もあり)

遊んでいる間も、水かお茶を与える。

これらを心掛けるだけで、虫歯のリスクは抑えられるでしょう。

 

・ちゃんと磨けなくてもOK!歯磨きの習慣を養う

今は歯みがきができなくても大丈夫です。「歯磨きは毎日するものなんだよ」と繰り返し教えることで習慣が養われてきます。

 

・テレビやyoutubeで歯磨きの動画を見せる

歯磨きを嫌がる時には、テレビやYoutubeなどで「歯磨きの歌やアニメ」「同世代の子供が歯磨きをしている様子」を見せると、刺激を受けてやりだすこともあります。ダメもとで活用してみる価値はありますよ。

 

最後に

歯磨きは毎日のことなので、子供が嫌がってしまうと大人の私たちも大変ですよね。苦痛になっちゃいます。

なので、親子であまり神経質になりすぎないのが継続の秘訣です。

 

できない日もあっていいです。

 

とは言いつつ、虫歯になったら困るな~とちょっと心配になりますよね(;’∀’)

 

そんな時は、1回の歯磨きでも「より効果がある」ブリアンを使ってみるのをおすすめします。確かに、市販の歯磨き粉よりは値は張りますが、虫歯になって歯医者さんに通う労力と費やす時間を考えると、毎日の歯磨きに投資する価値はあると思います。歯医者さんで泣き叫ぶ我が子を想像すると、ゾッとします…。治療も満足にできないのではないでしょうか。あ~恐ろしや(´゚д゚`))))

 

長男が2歳の時から使い始めて3年が経ち…。

今現在、虫歯はゼロです。

こう言っては何ですが、結構適当に磨いている時も多いのに…((^^;) ありがたや。

 

市販の歯磨きグッズも豊富にドラックストアで手に入りますので、上手に活用して一緒に「虫歯ゼロ」を目指しましょう。

 

今回紹介した商品は店頭でも買えますが、下にも載せておきますので参考にされて下さい(*´ω`*)

 

※親子でトレーニング フロススティック

こちらは西松屋で購入できますので、お立ち寄りの際には手に取ってみて下さい。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

☝クリックして頂けると、一人でも多くの方に見てもらう機会が増えるので嬉しいです。この情報が、必要としてる方に届きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です