時代の切り替わりから読み取れるもの ~平成から令和へ~

今日は、平成最後の日です。

平成から令和へ切り替わる今、
時代の切り替わりから読み取れるものは、

「悔いのない人生を歩む」ことです。

 

 

 

ここ数週間、各報道番組では、平成の30年間を振り返る特集が多く見られます。

バブル経済の崩壊
オウム真理教の地下鉄サリン事件
阪神淡路大震災
渋谷109のギャル文化
同時多発テロ
北朝鮮拉致被害者帰国
東日本大震災

沢山の出来事がありました。

これらを走馬燈のように報道番組で振り返っているのを見ると、
人生と同じであると感じました。

人は皆、必ず「死」を迎えます。
そして、死を迎えた後、自分の今世での行いを全部振り返ることになります。

自分が犯してきた過ちも、
目を背けたくなるような出来事も、
その反対に輝かしいと思える最高の思い出も、
良いことも、悪いことも、全て。

その時に、
「あぁしておけばよかった」
「こうしておけばよかった」
そう後悔しても、遅いのです。

今世での、
・「あなた」の名前
・生まれた国
・生まれた時代
での人生は一度切りなのです。

死後の世界で今世の振り返りをする時、
悔いのないように迎えられるよう
「今」を思いっきり味わいましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 意識変化へ
にほんブログ村

☝ぽちっとして頂けると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です