本での勉強は時代遅れ!?英検勉強法

英検勉強はネットで効率よくできる説

前回、 客室乗務員になるための英語勉強法【英検編】 ではテキスト=本をご紹介しました。

 

皆さん、今や英検もネットで効率よく勉強できてしまうって知っていましたか?

 

それが、「英検ネットドリル」です。

 

こちらは、前回の記事で紹介させて頂いたテキスト「旺文社」の提携で「ショウイン塾」が運営されているオンライン型の教材です。

システムにログインするだけで、ネット塾のような感じで簡単に利用できます。

 

そして、前回の記事で紹介させて頂いたテキスト「でる順パス単」「過去6回全問題集及びCD」さらに「予想問題ドリル 新試験対応版」を丸ごと収録しているので、効率的に英検の勉強ができてしまうのです。

 

 

英検ネットドリル本当にいいの?

さて、本で勉強するよりもネットでの勉強は、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。見てみましょう。

 

<メリット>

・単語帳、過去問、CDが1つにまとめられていてかさばる本を持ち歩く必要がない

・ネットとパソコンがあればいつでも勉強できる

・バーチャル試験管による二次試験にも対応、試験の流れではなく中身が勉強できる

・英検5級~準1級まで幅広く対応可能

・口コミで定評のある「7日間予想ドリル」で弱点チェック、実力アップをはかれる

・「CDを入れてリスニング‥」というわずらわしさがなく「参考書」「問題集」「リスニングCD」をすべて務めてくれる

・なんと言っても安心できる価格設定、費用を安く抑えたい人に優しい

 

価格一覧

5級➡7,560円

4級➡8,640円

3級➡9,720円

準2級➡10,800円

2級➡10,800円

準1級➡12,960円

 

これ、1か月ではなく、1年です。

そして1年間、使い放題

 

にすると、5級「630円」~準1級「1,080円」

 

無料体験もあるので、自分に合っているか見ることもできます。

試しやすいですよね。

 

いやいや、そんな上手い話ない!デメリットは?というと。

<デメリット>

・パソコン作業、ネット環境が苦手な人には不向き

・どうしても本(紙媒体)にこだわりたい人には不向き

・1年間は勉強しない、1回で合格するから必要ない人には不向き

 

こんなところでしょうか。

 

 

 

自分に合った方を選ぼう

 

結局は、「本」と「ネット」どちらでもOK

勉強しやすい、自分に合ったものを選びましょう。

 

「本」であろうが、「ネット」であろうが、「合格」することが目的です。

 

今回ご紹介した以外にも、たくさんの英検勉強の教材がありますのでご自身の「やる気」ができるものを見つけましょう。

 

参考までに、「英検ネットドリル」のリンクを貼っておきますので、よろしければご覧ください↓

 

旺文社英検ネットドリル

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

☝クリックして頂けると、一人でも多くの方に見てもらう機会が増えるので嬉しいです。この情報が、必要としてる方に届きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です