英語を話したい人!独学でできます

 

英語を話したい人は独学がおすすめ

英語を話したい人へおすすめしたいのは、

「独学」でやることです。

 

そして、リスニングとスピーキングができるようになりたいのなら、

ひたすら「洋画・海外ドラマを見る。見続けること」です。

 

 

 

英語を話したいなら赤ちゃんになろう

なぜ、洋画・海外ドラマを見続けるのが、リスニングとスピーキングができるようになるのか?

 

それは、「赤ちゃんの状況」だからです。

 

赤ちゃんは、生まれてすぐ話せません

お母さんやお父さんの話を聞いて、少しずつ聞けるようになり、少しずつ話せるようになります。

でも、確実に話せるようになります

 

この原理をうまく活用して、「赤ちゃんの状況」を自分で創り上げるのが、英語を話せるようになるのに一番手っ取り早いです。

 

ひたすら相手の話を聞く、ちょっとわかったらたまに言葉を発してみる。

洋画・海外ドラマを見ているのは、まさに「赤ちゃんの状況」。

 

私は客室乗務員の仕事を経験しました。客室乗務員になるには英語は必須なので、資格取得のための参考書以外に取り入れた勉強法の1つが、ひたすら洋画・海外ドラマを見ることです。

 

面接でも必要ですし、実際にフライトに乗務したら外国人のお客様とのコミュニケーションも必要になってくるので避けては通れない要素でした。

英語を話したいなら大学は必要ない

皆さんそれぞれ、英語を話したい理由は異なると思います。

 

ズバリ言えるのは、英語が話せるようになるには、大学は必要ないことです。

もちろん、大学で英語を専攻していれば英語力はあがっていくでしょう。しかし、ここで言いたいのは学歴は必要ないということ。

いくらでも独学で伸ばしていけます。

 

私は4年大学を卒業していますが、経済学科でしたので、英語は1年生の一般教養の講義のみでした。しかも内容は教授の独断と偏見。学生に役立つかどうかはお構いなし。

 

客室乗務員の採用は、英語ができることが必須なので、独学で勉強しました。講義の空き時間に図書館で参考書を勉強。リスニングとスピーキングができるようになるためには、洋画・海外ドラマをひたすら見ました。

 

その結果、希望する客室乗務員の仕事に就けて、外国人の友人もでき、国際結婚も経験しました。

 

1回見て終わりではありません。

ひたすら見続けることが、効果を出すポイントです。

何事も「継続は力なり」。先人の言葉は、理に叶っていることを実感です。

 

今、動画は色んな手段で見ることができますが、私が色々試してきて(失敗も含めて)使いやすさ・動画のクオリティと豊富さ・価格帯がよかったのは「Hulu」です。

 

取り扱っている動画数も多岐にわたり、「Hulu」独自で制作されているドラマもあるので、他の動画会配信サービスにはない魅力があります。

しかも、1か月、1,008円(税込み)で見放題

1,008円で見られるなんて、すごい世の中になりましたね。ツタヤにビデオを借りに・返しにいってた時代が懐かしぃ~( ;∀;) あれ、年齢ばれちゃう!?汗。

 

 

夜中でも、朝方でも、通勤の合間でも、講義の空き時間でも、いつでも自分の都合のいい時間にスマホ1つで見られるのは、ユーザーとしてはありがたいです。

 

その他、Netflix、Amazonプライムビデオ、U-nextなど、色んな動画配信サービスで提供していますので、ご自身が使いやすものを選んで活用してみて下さい。

 

私は断然「Hulu」(*´ω`*)

安室ちゃんの独占ドキュメントも制作していて、クオリティの高さが継続して使いたいポイントの1つです。(Huluを使い始めてすでに7年経ちます)

ご参考までに、下にリンクを貼っておきます。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

☝クリックして頂けると、一人でも多くの方に見てもらう機会が増えるので嬉しいです。この情報が、必要としてる方に届きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です