必ず英語が使えるようになるとっておきの方法

 

 

必ず英語が使えるようになる
とっておきの方法

それは、ズバリ…

「継続して学ぶ事」です。

はぁ…?そんな事?(  ̄- ̄)
と思われるかもしれませんが、今まで試行錯誤イロイロ試した中で、極論、これが確実な方法でした。

継続して学ぶにあたって、いくつか整理しておくポイントがあります。

①英語を使って何がしたいのか
②英語でどの分野を伸ばしたいのか
③期日を設定する
④目で見える目標を設ける
⑤結果(①~④)を分析し改善する

この5つをセッティングします。
それぞれ、詳しく解説していきます。

①英語を使って何がしたいのか

まずは英語を学びたいとモチベーションになった大元を明確にします。

*英語が話せたら何かカッコいい
*英語を使った仕事をしたい
*留学したい
*海外旅行で使えるようになりたい
*外国人の友達をつくりたい
*外国人の恋人をつくりたい
*国際結婚をしたい
*英語字幕なしで洋画を観たい
*海外のYoutuberのチャンネルで何を話しているのか分かるようになりたい

 

②英語でどの分野を伸ばしたいのか

モチベーションが明確になったら、次にそれがどの分野に属するのか見てみます。

~4つの分野~
◎リスニング
◎リーディング
◎ライティング
◎スピーキング

例えば、「英語が話せたら何かカッコいい」というモチベーションの場合は、話したいのがメインにくるのでスピーキングの分野にポイントを置いて学んでいきます。

「英語を使った仕事をしたい」というモチベーションの場合は、Emailや書類作成・手続きなど事務職を希望しているのか、クライアントと実際に会ってコミュニケーションをはかる営業職を希望しているのかによってもメインとなる分野は異なってきます。

・事務職→リーディング、ライティング
・営業職→リスニング、スピーキング

上記のように、強化する分野が違うのです。

 

③期日を設定する

 

④目で見える目標を設ける

モチベーションと分野が明確になったら、今度は

・いつまでに

・どのレベル

かを設定します。

 

・〇月〇日までに1冊の本(中学校で学ぶ内容)を終わらせる

・〇月〇日のTOEIC テストを受ける(目標スコアは600点)

といった感じで具体的に決めます。

 

⑤結果(①~④)を分析し改善する

以上、行動した結果を修正・調整していきます。

 

上記に挙げた例であれば、

・〇月〇日までに1冊の本(中学校で学ぶ内容)を終わらせる

→設定した期日まで終わらなければ、1週間延ばし最後まで終わらせる。

予定通り終わった場合は、同じ本を2巡目学習をする新しい期日設定をする

(ちなみに沢山の本を手あたり次第やるよりも、同じ本を反復して学習する方が英語学習の効果が上がります)

 

・〇月〇日のTOEIC テストを受ける(目標スコアは600点)

→TOEICの試験問題を自己採点してみる。

目標スコアに達していなければ、600点を取るための本をもう一度勉強しなおす。各セクション、特徴や効率的に解答するポイントがあるのでそれに特化している本で学ぶ。ポイントを得られたら、実際の過去問を時間管理しながら解いて場数を踏む。

目標スコアに達したら、次に目標とするスコアの本で学びを進める。次の試験日に申し込みをする。

 

上記は参考例ですが、このような感じで

①~⑤を具体的に進めていく

+継続すると

必ず、英語が使えるようになります。

 

実際に①~⑤のやり方をしている人はいるかと思いますが、

残念な事に一度やって終わりの人が非常に多いのが現状です。

何度も言いますが、①~⑤を「継続する」事が、英語力をつける確実な方法です。

 

Slowly but Surely.

時間はかかりますが、確実に。

 

シンプルな中に最高の上達法が隠されています。

英語を使えるようになりたい人は、ぜひ今すぐにペンと紙をもってきて①~⑤をセッティングして下さい。

 

あとは、動くのみです。

If you have any questions I’m always open for it.

Please feel free to contact me. Thank you for subscribing my counseling blog.

 

ちなみに私は客室乗務員の仕事に就くために英語は必要でした。どのように勉強したか、どのようなテキストを使用したか 客室乗務員になるための英語勉強法【TOEIC編】 で詳しく解説していますのでご参照下さい。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

☝クリックして頂けると、一人でも多くの方に見てもらう機会が増えるので嬉しいです。この情報が、必要としてる方に届きますように。