明日が不安なとき

 

明日に不安になったらやること

それは、「今」に集中するすることです。

 

嘘だ、そんなことしても意味がないよ

そう思った人こそ、試してみて下さい。

 

 

明日のことが不安になったり、

先のことが見えなくて不安になる時は、

慢性的な不安症か、何か問題を抱えている人に多い傾向です。

 

実を言うと、

「慢性的な不安症」や「問題を抱えている」というのは、

長年に渡って蓄積された自分の思い癖であったり、

起こった出来事を問題と捉えるか、問題ではないと捉えるか、

自分のキャッチの仕方によって変わってきます。

 

本来は、「い」も「わるい」も存在しません

この私たちが生きている三次元の世界で、「いい」「わるい」の価値観の概念がつくられているのです。

 

悲観しても、

嘆いても、

人を羨んでも、

何にも、そこから生まれません。

 

自分の心が、必要のない作業に消耗されるだけ。

その気力と体力があるのならば、もっと「自分」に集中して、

「自分がやりたい道」へコツコツと歩んでいくだけ。

 

そんな、シンプルなことです。

 

人と比べることの無意味さ、

人を傷つけることの不必要さ、

よく「自分探し」と称して、世界各地旅をする人がいますが、それは意味がありません。

「自分」は、もうすでに、「ここ」にいます

灯台下暗しで、見えていないだけです。

 

世界各地を旅するのは、自分探しではない。

けれど、千差万別いろんな人と出会い、自分がどう感じ、見聞を広げていくには大いに意味のあるものです。

 

 

明日を案ずるより、

今に思いを込めて生きる。

 

その「今」が「明日」を自分の望む方向へと導いていきます。